« さくらもち | トップページ | 冬の置き土産 »

2005.03.07

ゆっくり流れる時間を切り取るカメラ

0306この週末とても良いお天気でした。週末の土曜日はわがペンション主催のスノーシューツアーでした。「眠れる森のツアー」ということで映画「眠る男」の舞台にもなった森にツアーにでかけました。(ツアーの報告はのちほど・・・)
このツアーに参加してくれたK(女性)さんが持っていたカメラがこれです。デジカメ全盛(私もツアー写真を撮るのにデジカメ持参です)のこの時代(他の参加者はデジカメ持参)、スノーシューツアーの途中途中で彼女がこのオールドカメラ(失礼!)で写真を撮っているのが不思議なほど自然の中にとけ込んでいました。このカメラはあの名機ハーフサイズの一眼レフカメラ「オリンパスPENF」でした。

Shinさんが開設されているとてもすばらしいサイトOlympus Pen Gallery/偉大なるハーフカメラで調べたら「PEN-FT」のようです。私が中学の修学旅行の際に父に買ってもらった最初のカメラがハーフサイズの「オリンパスPENEE」でした。その後一眼レフが欲しくてあこがれたのがこの「PENF」でした。でも自分のお小遣いでは買えず、その後購入できるようになったときはこの機種はなく「OM-1」を購入ました。
しらかば・ダケカンバ・ぶなと植生が変わっていく自然の森の中で「ゆっくり流れる時間を切り取る」にはやっぱり「マニュアルのフィルムカメラ」がお似合いです。「じっくり構えてピントをあわせて」。私のようにツアーの記録写真を撮るにはデジカメでバシバシとってしまえば良いのですが写真を楽しむ満足度には欠けます。
彼女を見ていて「今度はマニュアルカメラをもってじっくり写真を撮りにこよう!」とおもわず思ってしまいました。
ツアー中も参加者の皆さんが彼女(正確に表現すると彼女が持っているカメラ)を気づかって「こけてもカメラを守るように!」とか「雪がちらついてるのでケースぬらさないようにネ」とか、みなさん今回参加のこのカメラに対する気遣いが感じられこのカメラ君が参加してくれたおかげで今回のツアーは非常に印象深いものでした。
ツアーから帰ってこのカメラの写真を数点撮らせてもらいました(革ケースも非常にきれいでした)。Kさんこのカメラ大切にしてあげてくださいね。

|

« さくらもち | トップページ | 冬の置き土産 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62086/3203572

この記事へのトラックバック一覧です: ゆっくり流れる時間を切り取るカメラ:

« さくらもち | トップページ | 冬の置き土産 »