« AdobeがMacromediaを買収 | トップページ | xmlに挑戦 »

2005.04.29

尾瀬鳩待峠開通

0428_14月28日10時に尾瀬鳩待峠への道路の冬期閉鎖が解除されるということで5月7日のスノートレッキングツアーの下見を兼ねて尾瀬アヤメ平にFantailのガイドと一緒にでかけました。
尾瀬戸倉のゲート前に9時30分ころに到着したときにはすでに6台の車が並んでいました。待つこと30分あまり、ゲートオープンの時間には15台程の車列になっていました。殆どの車は「至仏山」でバックカントリーを楽しむ人達です。
鳩待峠への道路や鳩待峠の積雪も昨年より多く、尾瀬ケ原の湿原にかかる橋の損壊や小屋の損壊もあったようで豪雪の影響が表れています。
(写真は鳩待峠から至仏山)

0428_2鳩待峠では小屋オープンの準備や駐車場の準備等現地の方も忙しそうで、いよいよ尾瀬のシーズンの幕開けです。昨年の下見の際には途中から猛吹雪になり非常に寒い思いをしたのですがこの日は快晴で暑いくらい・・・・。せっかくに下見なのと、積雪が多く自由なルートがとれるためこの日は通常のルートを大きく外して普段は行けないメッケ田代経由で横田代にでてアヤメ平へと進みました。昨年は木道の一部がでていたり、湿原も顔をのぞかせていたりしたのですが今年は積雪が多いため木道等が露出しているところは全くなかったです。
途中ウサギに出会ったり、ホシガラスを見かけたりのオマケもあり、静かなアヤメ平を存分に楽しんできました。
なおこの日アヤメに入っていたのは我々も含め3組6名だけのようでした。
(写真はアヤメ平から燧ケ岳)
■その他の写真
オーナー通信のコーナーにあります

|

« AdobeがMacromediaを買収 | トップページ | xmlに挑戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62086/3903042

この記事へのトラックバック一覧です: 尾瀬鳩待峠開通:

« AdobeがMacromediaを買収 | トップページ | xmlに挑戦 »